1. HOME
  2. 事業案内
  3. 外国人採用支援事業
  4. 特定技能事業

外国人採用支援事業

外国人採用支援事業

特定技能事業

技能実習生を採用したい企業様のご要望を細かくヒアリングし、最も適した人材をご紹介しています。

外国人材を初めて受け入れる企業様でも、専任の担当者がわかりやすくサポートいたします。

 

〈ジントルグループの取り組み〉

アジアにある優秀な日本語学校やスキルセンターと提携しており、ミャンマー・バングラデシュ・ベトナム・中国・インドネシア・カンボジア・マレーシア・タイ・フィリピンなどの教育機関から日本に人材を送り出しています。また、日本国内で技能実習生として働く外国人や、留学生からのビザ更新サポートも行います。

 

〈特定技能とは〉

2019 年に制定された新しい在留資格です。日本国内の深刻な人手不足に対応するため、即戦力となる外国人を労働者として雇用する制度です。在留期間は 5 年間で、技能実習が終わった後に特定技能に移行することができます。特定技能制度では、人手不足の中小企業を支援する目的で、特定産業分野と呼ばれる14の業種に限り、単純労働が許可されています。

特定技能について